プラセンタ療法ってなに?

プラセンタとは、母親から胎児へ酸素や栄養分を送る大切な働きをする胎盤のことです。

胎盤には、タンパク質をはじめミネラルやビタミン、糖質、アミノ酸など、生命を育み維持するための各種栄養素が豊富に含まれています。

栄養の宝庫ともいわれるプラセンタには、活性酸素の除去や細胞を活性化させたり、自律神経の調整をしたりと、体本来の生理機能を高める働きがあります。

もともとは、肝炎や肝硬変などの治療にのみ使われていたプラセンタですが、自律神経やホルモンのバランス調整、新陳代謝の促進や免疫力のアップなどにより、治療を受けた患者さんから「体が楽になった」「肌にハリが出てきた」などの声を聞くようになりました。

スポンサーリンク

その結果、美容や若返りに効果があるとして美容面でも利用されるようになりました。

シミ、そばかす、シワ、たるみ、肌荒れ、ニキビ、アトピー性皮膚炎などあらゆる面で肌のトラブルを解消し、メラニンの生成や定着を防ぐ働きがあることも判明し、美容医療でも広く使われるようになったのです。

プラセンタが最初に治療に用いられたのは、昭和20年代に中国や旧ソ連から伝わってきた「胎盤埋没療法」が始まりだと言われています。

この治療法は、麻酔をかけて皮膚を切開し、胎盤を埋め込んで縫合するというものですが、現在は注射ならば5分程度、点滴でも30分〜1時間程度で治療は終わってしまいます。

短時間の治療で、シミやシワ、美白効果もあるのですから、まさに夢の医療といえます。

美容面が注目されているため、現在、プラセンタ治療を受けるのはやはり女性が多いのですが、男性にも適応がありますので1度チャレンジしてみるのもいいかも知れません。

関連記事(一部広告含む):