プラセンタの効果につい

プラセンタは昔から医療用として広く使われてきました。

肝臓の治療薬として用いられていることは有名ですが、さまざまな研究や患者さんの経過などから、最近ではあらゆる効果があるとされています。

プラセンタとは「胎盤」のことです。妊娠をすると、母親は自分のお腹の中で十月十日という月日をかけて赤ん坊を育てます。

その期間、胎盤はへその緒を通じて、酸素や栄養分など赤ん坊の成長に必要なものを作り出します。

生命を育み、維持するために必要なあらゆる物質が豊富に含まれた臓器といえます。

スポンサーリンク

では、肝臓の治療薬以外にプラセンタにはどんな効果があるのでしょうか?

B型肝炎やC型肝炎、アルコール性肝炎にも効果があり、粘膜細胞の分裂が促進されますので、胃粘膜が修復され胃潰瘍や口内炎、痔にも有効とされます。

また、ホルモンのバランスを正常にすると同時に、毛球部へのジヒドロテストステロン作用を抑制し、毛母細胞の分裂も促しますので、頭皮の血行がよくなります。

もちろん、プラセンタは、健康面だけでなく美容面でも優れた効果を発揮します。

皮膚の新陳代謝の促進や美白作用、保湿作用や抗炎症作用、抗アレルギー作用もあります。

さらに、皮膚細胞の分裂が促されますので、メラニン色素が排出されシミが薄くなったり、お肌がみずみずしく若返ります。

他にも、あらゆる面で肌が改善されます。

プラセンタは、お肌の奥の真皮層に働きかけますので、真皮の繊維芽細胞の代謝が活発になり、コラーゲンやエラスチン、ヒアルロン酸の生産が促進されます。

また、肌の奥だけでなく表皮細胞にもしっかりと働きかけてくれますので、肌のカユミがとれて夜もぐっすり眠れるようになったという声もよく聞きます。

まさに、美容にも健康にも、あらゆる面で効果を発揮する優れものがプラセンタだと言えそうです。

関連記事(一部広告含む):