プラセンタ点滴ってなに?

プラセンタ治療として一般的に知られているのが「注射」によるものです。

注射の頻度は、患者さんの体調やスケジュールもよりますが、理想的には最初の1カ月に週1〜2回の割合での治療が効果的とされています。

所要時間はほんの数分で終わってしまいますので、仕事帰りや買い物の途中で立ち寄る患者さんが多いのです。

プラセンタの点滴の場合は、血液中に直接注入することになりますので、注射に比べてかなりの即効性があります。

プラセンタは過剰に摂取しても尿として排出されてしまいますので、体に影響はありませんが、点滴の場合、プラセンタ注射薬とビタミンB群、C群を中心とした美容にも効果のあるビタミン類を配合したものを使用します。

スポンサーリンク

ただし、ほとんどの病院がオリジナルの「ビタミンカクテル点滴」を行っていますので、病院によって点滴に配合される成分は違ってきます。

プラセンタ点滴は、注射に比べて痛みも少なく、ビタミン類など他の有効成分も一緒に配合できますので、美容効果としてはかなり注目をされています。

点滴には30〜1時間ほどの時間をかけて、ゆっくりと体のすみずみにまでプラセンタを浸透させていきます。

所要時間は注射より点滴のほうがかかりますし、料金の面でも注射の約2倍になります。

しかし、若返りや美肌効果だけでなく、疲労回復や肩こり、腰痛、発毛促進や更年期障害にまで効果があるのですから、一度は試してみる価値がありますよね。

美容効果だけでなく、心も体もリフレッシュできるプラセンタ点滴に、今後はますます注目が集まることでしょう。

関連記事(一部広告含む):