プラセンタ注射が注目される理由

昭和20年代に、旧ソ連や中国から伝わってきたといわれるプラセンタの治療法ですが、その頃、日本では「胎盤埋没療法」が行われていました。

この治療法は、麻酔をかけて皮膚を切開し、胎盤を埋め込んで縫合するという何とも原始的な方法で、プラセンタの恩恵にあずかろうとした療法です。

しかし、旧ソ連や中国から伝わってきた注射によるプラセンタ注入法は、胎盤埋没療法に比べ、麻酔や切開なして注入できる画期的な治療法として一躍注目されました。

治療も安全性が高く、しかも簡単なので、多くの医師たちがこの治療法を取り入れました。

スポンサーリンク

プラセンタ注射は、診察料込みで2,000〜4,000円が相場とされています。

プラセンタの抽出エキスを、1回に2アンプル皮下注射をし、最初の1カ月は週に1度を目安に通院します。

治療法には、注射以外にも点滴によるものもあり、即効性という意味では、点滴のほうが効果が早いという利点があります。

医療用医薬品として認可を受けているプラセンタ注射薬。肝炎や肝硬変、胃潰瘍、更年期障害、アレルギー疾患、十二指腸潰瘍、乳汁分泌不全、急性歯肉炎などの治療に用いられています。

また、外科剤としても発売されていて、進行性指掌などや湿疹、やけどなどにも使われています。

プラセンタには、成長とともに減少してしまう人間の活性化に欠かせない「細胞増殖因子」と呼ばれる物質が含まれ、プラセンタを注入することで、新しい細胞が合成されるとともに、古くなった細胞を廃棄し、細胞組織の修復・再生をしているのです。

細胞1個1個のレベルから美肌やキメを整える働きがあり、老化を予防しお肌にハリや弾力も与えてくれる女性にとって頼もしい存在がプラセンタなのです。

関連記事(一部広告含む):