厚生労働省認可の治療法「プラセンタ」

医薬品として厚生労働省の認可を受けているプラセンタは、すべて人間の胎盤エキスを使っています。

母体から胎児への酸素や栄養分を運ぶ大切な役目をしている胎盤。

お腹の赤ちゃんが成長するのに欠かせない栄養素がぎっしりと詰まっているばかりか、細胞分裂を促すさまざまな生理活性物質が胎盤に含まれています。

この胎盤から採れたエキスを、さまざまな病気の治療に応用させたのが「プラセンタ治療」です。

スポンサーリンク

プラセンタは胎盤から抽出したものですので、本来ならば非常に安全性が高いのですが、その安全性を疑問視する声も聞かれています。

しかし、製薬会社では、厚生労働省が指定する以上の加熱処理を行っていますので、胎盤は非常に安全性が保たれています。

もちろん、エイズや肝炎などのウイルス感染のある胎盤を使用することはありません。

また、昭和30年代より多くの人がプラセンタエキスを使用していますが、副作用はほとんどなく、注射部位の発赤や硬結などが副作用として報告されているぐらいです。

プラセンタの若返り効果が近年注目されていますが、プラセンタエキスを注射すると細胞の分裂速度が速まり、全身の組織や臓器、皮膚などに働きかけて若返ります。

他にも、免疫力増進や滋養強壮効果、精神安定作用などもあります。

まだまだ他にも、疲れや肝機能障害、膠原病や自律神経失調症、アトピー、喘息、リウマチ、不眠症、肩こり、腰痛、筋肉痛、月経困難症、生理不順、くすみ、肌荒れ、しもやけ、冷え症など、免疫力の強化作用でさまざまな症状に効果を発揮します。

厚生労働省の認可があり、これだけの症状に働きかけるプラセンタ治療。

これからもますます医療の現場でも活用されることでしょう。

関連記事(一部広告含む):