植物性のプラセンタについて

肌荒れの原因は、ひとことで言えば新陳代謝が衰えた、というところでしょうか。

お肌には「肌サイクル」と言って、28日周期で新しい細胞が生まれ変わります。

このサイクルが狂うことで、お肌の調子も悪くなり、水分も失われて弾力はなくなり、シミやしわが目立ってきます。

胎盤エキスには、新陳代謝を促し肌を活性化させることで、細胞組織の再生能力を高める働きがあり、その結果、美白効果や保湿効果が得られるわけです。

スポンサーリンク

ところで、プラセンタエキスには人間や牛、豚などの動物性のものと、植物性のものがあるのを知っていましたか?

動物性はみなさんにも広く知られるようになりましたが、狂牛病問題が発生したことにより影響があるとして、現在では牛のプラセンタは使用が中止され、病院などでは豚のプラセンタを使用するようになりました。

植物性のプアセンタは、動物性よりも効果が弱いようなイメージを持たれていますが、効果としては決して引けを取りません。

でも、ここでちょっと疑問なのが、植物には胎盤がないのに、どうしてプラセンタと同じ効果を得ることができるのか、ということです。

植物の場合、動物の胎盤と同じ働きをするのが、「胎座」と呼ばれる部分で、胚の若芽の中心部になります。

胎座は成長期に植物の実の滋養分となります。「植物性胎盤」と呼ばれる独自の成分は、細胞分裂の初期段階で特別な種類の植物の芽を抽出します。

メラニン生成抑制試験では、シミやくすみを抑える美白効果が動物性プラセンタよりも強く、動物性プラセンタと同等の細胞増殖作用も認められています。

どうやら狂牛病のことなどを考えれば、現在で一番安全な治療が「植物性プラセンタ治療」と言えそうです。

関連記事(一部広告含む):