魅力いっぱいのプラセンタの成分

プラセンタとは英語で「PLASENTA」と書き、胎児が成長するのに欠かせない栄養分などを蓄えている胎盤のことです。

タンパク質をはじめとするミネラルやビタミンなどの栄養素や、胎児が成長するために必要な5000種類もの生理活性物質や酵素エキスなども胎盤に蓄えられています。

生理活性物質は細胞分裂を促進することから、あらゆる医療現場でも使われています。

プラセンタには、美肌作りには欠かせないアミノ酸やミネラルが豊富に含まれていることが最近になり注目され、化粧品やサプリメントなどにも盛んにプラセンタが入った商品が出回るようになりました。

スポンサーリンク

プラセンタは、人間だけでなく牛や馬、豚などの胎盤からも抽出していると言われていますが、現在販売されている化粧品やサプリメントは、人間のプラセンタではなく動物のプラセンタを使っているものがほとんどです。

牛に関しては、以前は盛んに使われていましたが、狂牛病の関係で今は使用が中止されています。

豚や馬などの哺乳動物のプラセンタは、人間のプラセンタと効力的にはほとんど差はありません。

最近では、羊や馬のプラセンタが注目されていますが、馬の胎盤は豚とくらべてアミノ酸の含有量が非常に多いと言われています。

また、馬のプラセンタは豚プラセンタには含まれていない6種類の必須アミノ酸が入っていることが、最近の研究で明らかになりました。

これらの点を含めても、今最も注目されているのが馬のプラセンタとも言えます。

いずれにせよ、プラセンタは種類を問わず、その効果は美容にも健康にも威力を発揮し、アンチエイジング効果で、わたしたちに若さと美を確実に提供してくれるでしょう。

関連記事(一部広告含む):