プラセンタ治療の安全性

プラセンタの治療には、注射や点滴、内服薬などがあります。プラセンタ注射は、美白・美肌効果を考えても、とても安全性の高い治療だと言えます。

一部の人たちの間では、プラセンタ治療に副作用の心配があるという声も聞きますが、今までにも副作用はほぼ皆無に等しく、報告はされていません。

むしろ、これほどあらゆる面での効果がありながら、副作用がまったくといっていいほど報告されない物質も珍しいでしょう。

プラセンタの治療効果はとても幅広く、医薬品としても内服薬や注射薬などとして多くに医療機関で使用されています。

スポンサーリンク

また、最近では医療分野だけでなく、美容や健康のために、化粧品や健康食品などにも数多く利用されるようになってきました。

プラセンタは日本では50年の歴史があり、当初は体質改善や肝機能の改善、更年期障害や疲労回復などの治療目的で導入されました。

ところが、治療を受けていた患者さんから「肌のハリやツヤがよくなった」という声を聞くようになり、この10年で美容目的としてもプラセンタが大いに利用されるようになったのです。

プラセンタ注射は、美白・美肌作りにおいても効果が再確認され、厚生労働省の認可も受けた美容法です。

副作用の点も、危険性は非常に少なく、製造段階でも感染した胎盤エキスが混入されていないかなどのチェックを行い、製造に携わる社員の人たちに感染症対策を徹底しています。

また、胎盤には血液やホルモンなどもたくさん含まれていますが、製造過程ではこれらも100%除去されていますので、プラセンタ注射や点滴などにこれらの異物が混入されることはありません。

しかし、くれぐれも勝手な判断はせず、医師とよく相談をすることも危険回避の重要な方法と言えます。

関連記事(一部広告含む):