ティトゥリーの歴史

 にほんブログ村 その他生活ブログ 断捨離へ

こんにちは!ぼくはティ-トゥリー。

颯爽とした風とともに、コアラもいる自然豊かなオーストラリアからやってきたんだ。

ティートゥリーは針葉樹のすっきりとした香りがするんだよ。

ぼくの故郷であるオーストラリアの原住民であるアボリジニーに、創傷、感染症などの症状の治療も行っていたよ。

そして、20世紀にはヨーロッパに導入されていたんだ。

第二次世界大戦中には軍隊の救急用品としても、ぼくが活用されていたんだよ。

スポンサーリンク

このことが表すように、ティートゥリーにはとても薬効性があるのさ。

落ちこんでいる君、ぼくの名前を呼んでごらん。

シャープなティートゥリーの香りで君の気持ちを癒して見せるよ。

そのほかにも、脂性肌のケアにも効果があるといわれているのさ。

フェイシャルケアにもぼくがついているよ。

あと花粉症ケアでもティートゥリーのパワーもあるんだよ。

それはその次のお話で・・・。

こんな記事も読まれています:


スポンサーリンク