アロマバスでリラックス

お風呂は、一日の疲れを癒すのに適しているとされています。

アロマオイルを活用することで、さらにリラックスすることができますよ。

デパートや雑貨屋さんなどでは、アロマオイルの香りをコンセプトにしたバスソルト、バスオイルなどが販売されていますよね。

このようにお店で売られている、アロマの入浴剤を購入しても便利ですし、アロマオイルを使ってアロマバスをしてみる、というのも良いかも知れませんね。

アロマオイルを利用したアロマバスは、このように楽しみます。

スポンサーリンク

キャリアオイル20mlに、お好みのエッセンシャルオイルを4滴から8滴入れて希釈をしましょう。

すると、手作りのバスオイルが完成しました。

お湯をはった浴槽に、このアロマのバスオイルを入れて、よくかき混ぜます。

すると、芳しい香りがバスルームに華やかに広がります。

アロマバスにはフローラル系のラベンダーや、青リンゴのような香りがするローマンカモミールを活用することで、リラックスできますよ。

ここで気をつけることについて説明します。

原液をそのままお湯にいれると肌への刺激が強いので、希釈をしてから使うことが大切です。

それから、レモングラス。ペパーミント、ユーカリプタス、皮膚への刺激が特に強い柑橘類は、キャリアオイル20mlに対して、アロマオイル4滴のみ入れるか、使用を避ける必要があります。

アロマオイルの香りがあると、お風呂も最高の癒しの空間になりますね。

関連記事(一部広告含む):