眼の疲れにはアイヨガが効く?

日常生活の中で、ついつい酷使してしまうのが眼。

パソコン・携帯電話・アイフォン・テレビ・ゲーム…、眼を使う機会はとても増えているのですが、眼を労わる機会は少ないのではないでしょうか?

眼を労わる方法としては、せいぜい眼薬をさしたり、眼に良いと言われているサプリメントを飲んだりするくらいのもの。

視力が落ちてしまったら、眼鏡やコンタクトレンズを使えばいい。

眼の健康に対しては、そんな風に安易に考えがちなものです。

スポンサーリンク

実は、眼の疲れを放っておくと、眼の老化がどんどん進んでしまうのです。

だったらどうすればいいの?

眼の疲れを感じた時には、『アイヨガ』を試してみましょう。

『アイヨガ』とは、眼のヨガのこと。

やり方は至って簡単。

自宅や仕事場など、いつでも、どこでも出来ます。

まずは、椅子などに座って、ちょっと一息つきましょう。

次に、顔を動かさないようにしながら、眼だけを上下左右に動かし、そして、グルリと大きく回します。

この時、ちょっとしたコツがあります。

それは、上下左右に動かす時、“出来るだけ上を”“出来るだけ下を”“出来るだけ左を”“出来るだけ右を”と言うように、普通に上下左右を見る時よりも、ほんのちょっとだけ頑張って少し遠くを見るようにします。

同じように、グルンと回す時も、出来るだけ遠回しをしてみます。

回数は、それぞれ5回~10回くらい行うようにしましょう。

顔を動かさないまま普段よりも遠くを見るので、眼を支えている筋肉が鍛えられて、眼の焦点を合わせる力が回復して行きます。

眼を動かし終わったら、手のひらを、擦ったり、ハァ~っと温かい息をふきかけるなどして温めます。

そして、優しく瞼を閉じて、温めた手のひらを瞼にかざして、眼を優しく温めてあげます。

30秒くらい経ってから手を離すと、これで完了。

とても簡単に行えるので、眼が疲れた時は試してみましょう。

関連記事(一部広告含む):