三日月のポーズ気分もスッキリ!

ちょっと、注意力が散漫になっている。

何かをやっていても、今一つ集中出来ない。

時にはそんな事もあるのではないでしょうか。

そんな状態の時は、ホルモンのバランスが乱れがちになっている事が考えられます。

ホルモンのバランスを整えるのには、三日月のポーズがお勧めです。

まず、両足を揃えて、背筋をスッと伸ばして立ちます。

スポンサーリンク

首は自然にスッと伸ばした状態で、目線は真っ直ぐ前に向けておきます。

肩に力を入れないようにしながら、胸の前で手を合掌にします。

その姿勢が安定したら、姿勢を保ったまま、一度、フッと軽く息を吐いてリラックスします。

そして、今度は、息を吸いながら、合掌した手を天井方向へ引き上げます。

手を引き上げたら、呼吸は自然な状態にしておきます。

この時、肩に余計な力が入らないように注意しましょう。

なお、両肘はしっかりと伸ばしておくのですが、もしも、肘をしっかりと伸ばすと痛みを感じるようでしたら、無理をしないで肘を軽く緩めておいても構いません。

そして、そこから、息を吐きながら、左右のどちらかの方向へ、上体(伸ばした手と腰から上の辺り)を傾けて行きます。

前からみると、三日月のような形になっています。

傾けたら、呼吸を自然な状態にして、15秒位そのまま保ちます。

目線は、斜め上の辺りを一点集中して見つめます。

15秒ほど経ったら、息を吸いながら、傾けていた上体を真っ直ぐに戻します。

そして、一呼吸リラックスしてから、反対側も同じように行いましょう。

この三日月のポーズは、ホルモンのバランスを整えて気分がスッキリする他にも、一点を集中して見つめることによって、集中力が養われる効果もあります。

関連記事(一部広告含む):