ツルのポーズで手足の疲れを解消!

日常生活で、手や足を使うことは本当に多いので、手や足には疲れがたまりがちです。

そんな手や足の疲れには、ツルのポーズがお勧めです。

まず、足を肩幅くらいに開いて立ちます。

上半身は、背筋を自然な状態で伸ばして、力を入れないようにします。

そして、両手は後ろ(お尻の所)で組んで、フッとひと息吐きます。

そこから、息を吸いながら、ゆっくりと体を後ろに(胸を天井に向けるように)反らせます。

スポンサーリンク

反らせるのは、無理のない状態で行いましょう。

無理して体を反らせすぎると、腰を痛めてしまう原因になります。

そして、今度は、息を吐きながら、上体を前に倒して行き、組んだままの腕を上に引き上げて行きます。

頭は下を向いていて、手は天井方向(上の方です)に上がっている上体ですね。

その体勢で、呼吸を自然な状態にして15秒ほど保ちます。

これも、無理はしないいで、慣れないうちは、保つ秒数を少なくして行いましょう。

そして、戻る時は、ゆっくりと息を吸いながら、手をお尻の所へ下げながら、上体を起こして行きます。

このツルのポーズは、手や足の疲れを取る他にも、肩コリの解消や、抜け毛の予防などにも効果があります。

体調が優れない時などは、頭を下に向けたままだと、気分が悪くなってしまうこともあるので、くれぐれも無理をしないで行うようにしましょう。

関連記事(一部広告含む):