腰痛は朝晩のプチヨガポーズで解消!

年齢性別を問わず、腰痛で悩まれている方は多いようです。

重たい荷物を持ったり、ついつい無理な姿勢で作業をしてしまったり、腰痛になる原因は日常にたくさん潜んでいます。

腰痛には、背中や腰を優しくストレッチすることが効果的なので、腰痛解消には、赤ちゃんのポーズがお勧めです。

寝転がって行うポーズなので、朝起きる時や夜眠る前などに、ちょっとした習慣として、赤ちゃんのポーズを取り入れてはいかがでしょうか。

まず、リックスした状態で仰向けになり、両手で両膝をかるく抱えます。

スポンサーリンク

背中はスッと伸ばしておきます。

そこから、息を吐きながら、手で膝を胸の方へ近づけて行きます。

この時、腿が胸の付くことがベストですが、腰の痛みが酷いうちは、無理に付けようとしなくても効果はありますので、大丈夫です。

そして、呼吸を自然の状態にもどして、15秒くらいその姿勢を保ちます。

出来る方は、この時、膝に顎を近づけるように、頭を持ち上げた後、15秒くらいその姿勢を保ちます。

これを、朝晩、3~5回位行うようにしてみましょう。

腹筋や背筋も鍛える効果があるので、赤ちゃんのポーズを続けていると、腰痛も緩和されて腰の筋力もUPしてきます。

なお、腰痛が酷い方は、くれぐれも無理しないで、軽く足を引き寄せる程度の動きから始めて行きましょう。

関連記事(一部広告含む):