神経性胃炎に効く、押し上げのポーズ!

日常生活のあらゆる場面で、ストレスを感じて胃が痛くなってしまう事も多いものです。

ストレスや疲れで、胃が痛くなってしまった時は、押し上げのポーズで解消してみましょう。

押し上げのポーズは、胃をスッキリと引き伸ばす動きなので、ストレスを感じて不調を訴えている胃の緊張を、優しく解す効果があります。

このポーズも、基本的には立って行いますが、椅子などに座った状態でも行えます。

立って行う場合は、両足を肩幅位に開いて立ち、座って行う場合は、椅子に浅く腰かけて行います。

スポンサーリンク

背筋はスッと伸ばした状態にして、両手を胸の前で優しく組みます。

そして、肩の力は抜いて、一度、フッと軽く息を吐きます。

そこから、息を吸いながら、両手を組んだまま、天井方向へスッと引き上げます。

次に、手を伸ばしきった所で、呼吸を自然の状態にして、組んだままの手のひらを上に反します。

その姿勢のまま、15秒くらい保ちます。

出来る場合は、そこから、息を吐きながら、上体を右や左に傾ける動きも行ってみましょう。

息を吐きながら、左右のどちらかへ傾けて、傾いた所で15秒くらいたもち、そこから息を吸いながら、上体をゆっくりと真っ直ぐもどして、一度、軽くリラックスしてから、次は反対方向へ同じ動作を行います。

ポーズを解く時は、息を吐きながらゆっくりと手を下に降ろして解放します。

手を上に上げると痛い方は、無理をしないで、手が上がる所までで行ってみましょう。

関連記事(一部広告含む):