ちょっと意外な「ハタ・ヨガ」の歴史!

ちょっと意外な「ハタ・ヨガ」の歴史!

「ホット・ヨガ」「パワー・ヨガ」「リラクゼーション・ヨガ」。

このようなヨガの名前はよく耳にすることと思います。

これらはみんな、「ハタ・ヨガ」のもです。

「ハタ・ヨガ」は、日本ではとても一般的なヨガなので、「ハタ・ヨガ」という名前を知っている人は多いと思いますが、その歴史を知っている人は少ないのではないでしょうか。

スポンサーリンク

そこで、簡単に、「ハタ・ヨガ」の歴史をご紹介しましょう。

古代のヨガは五感や意識を高める瞑想が主流で、精神の深い目覚めとやすらぎを求めて、人々はヨガの修行をしていました。

現代のヨガは健康法として行われていますが、古代のヨガは健康法とは違って、厳しい修行のようなものでした。

そんな中で、瞑想に励むヨガの修行者たちが病気にかかり、次々と倒れるという事態が起きたそうです。

そこで、ヨガの修行者たちの健康の回復と健康維持のために、インド医学だけではなく、呼吸をしながらポーズをとっていく「ハタ・ヨガ」の技法が生み出されていったようです。

そしてそれが、体の健康維持だけではなくて瞑想の修練にも効果を発揮することがわかり、「ハタ・ヨガ」が広がっていったのです。

このように「ハタ・ヨガ」は、ヨガの長い歴史の中で、健康法として生み出されてきたのです。

関連記事(一部広告含む):