猫はヨガの達人!キャットスプリットで冷え性改善

動物はとても体が柔らかいものです。

特に、人間の身近にいる猫は、背中を丸めたり伸ばしたり、自分の体を自在に動かしていますよね。

「あんなに自由に体を動かせたらいいのになぁ~。」

猫の動きを見ながら、そんなことを考えたことのある方も居られるのではないでしょうか。

そう思うのは、昔の人も同じだったのでしょうか。

スポンサーリンク

ヨガのポーズには、猫などの動物の動きを真似たものがいくつかあります。

まずは、キャットスプリット。

やり方は、オールフォー(四つん這い)の姿勢になって、顔は床に向けたまま、そこから、右手(左手)を床と並行な高さに上げます。

その姿勢が安定したら、今度は、左足(右足)床と並行な高さに上げます。

かかとから手先まで、一直線になる状態ですね。

そして、その姿勢のまま、自然な呼吸で15秒ほど保ちます。

このポーズは慣れないとけっこうキツイので、自然な呼吸で保つ秒数を無理しないようにしましょう。

慣れるまでは、5秒でも10秒でも有効です。

無理に長く保つよりも、左右の骨盤の高さが変わらないようにするなど、きちんとした姿勢を保つことを優先させましょう。

なお、このポーズには、便秘解消・猫背改善・バストUP・腹筋背筋の強化などの効果もあります。

関連記事(一部広告含む):