寝転がって、胃下垂を治せるヨガのポーズ!

 にほんブログ村 その他生活ブログ 断捨離へ

胃下垂の人はけっこう多いと思いますが、胃下垂をそのまま放っておく人も多いのではないでしょうか。

それが特に深刻な状態でなければそれでも大丈夫なのでしょうが、でも、出来るものならば治したいものです。

そんな時には、上体を後ろに倒すポーズがお勧めです。

やり方は、まず、正座をした状態から、お尻を床に付けて両足をそれぞれ横にずらします。女の子座り、の状態ですね。

そこから、足はそのままで、息を吐きながら上体を後ろへ倒して行きます。

スポンサーリンク

背中と頭が床に付いたら、呼吸を自然な状態にして15秒くらい保ちます。

上体を後ろに倒すポーズは、言葉で説明すると動作もシンプルなので、とても簡単そうに思えるのですが、これが以外ときついポーズなのです。

普段はあまり伸ばすことの無い腿の筋肉が引っ張られますし、腰にもかなりの負担がかかります。

ですので、このポーズも慣れて楽に出来るようになるまでは、軽減法を用い行っていきましょう。

軽減法は、どちらか片足を伸ばした体勢で上体を反らし、左右を交互に行うという方法と、上体を反らせる時に、背中の所にクッションや枕などを置いて、そこに上体を乗せて自然な呼吸で保つという方法があります。

もちろん、両方の軽減法を一緒におこなっても大丈夫です。

こんな記事も読まれています:


スポンサーリンク