ヘビと犬のコラボのポーズで自律神経を整える!

ヘビのポーズ(コブラのポーズ)と犬のポーズを組み合わせて行うと、自律神経失調症の改善に効果があります。

ヘビのポーズは上体をグッ反らせるので、体が固い人は反せ具合いを調整しながら行いましょう。

まず、うつ伏せに寝て、足は肩幅くらいに開いてかかとを内側へ向け、手は胸の横辺りに置いてゆっくりと息を吐きます。

そこから、息を吸いながら、両腕で床を押すようにして上体を持ち上げて、あごを天井へ向けながら上体をゆっくりと反らせていきます。

反せ終わったら、自然な呼吸で15秒ほど保ちます。

スポンサーリンク

15秒がきついと感じる場合は、無理の無い範囲で行いましょう。

保ち終わったら、そこから、息を吐きながら上げていた頭を下へ向けお尻を天井にグッと引き上げていきます。

手のひらと足の位置は変えませんが、体を反らせた時は足の甲が床に付いている状態ですが、お尻を持ち上げた時は、足の裏が床に付いた状態にしておきます。

かかとは出来るだけ床に付けておきたいのですが、痛くなってしまう場合は無理をしないで、かかとが浮いた状態でも大丈夫です。

これで、お尻を頂点とした三角形の形になっていますね。

目線は床に向けて首と肩は力を入れないでおきます。

そして、両手両足でグッと力強く保つようにしながら、自然な呼吸で15秒ほど保ちます。

この時も、保つ秒数は無理の無い範囲で行います。

ヘビと犬のポーズを続けて行うことによって、全身の筋肉を動かし、背骨を柔軟にするので、自律神経失調症の緩和の効果が出ます。

その他にも、肩コリ冷え性の緩和や腕のシェイプアップ効果もあります。

関連記事(一部広告含む):