弓のポーズで心をリラックスさせましょう!

 にほんブログ村 その他生活ブログ 断捨離へ

体が疲れ過ぎて寝付けない。

そんな経験はないでしょうか。

子どもの頃は、体が疲れると直ぐにグッスリと眠れたものですが、大人になると、体が疲れ過ぎてしまうと眠る体力まで消耗してしまっているので、なかなか寝付けなくなってしまうのです。

そんな時は、弓のポーズで溜まった疲労を解消して心もリラックスさせてみましょう。

やり方は、うつ伏せに寝て、足を肩幅位に広げます。

スポンサーリンク

そこから、両膝を曲げて足をお尻の方へ持って行き、手の指5本でしっかりと外側から足首をつかみます。

足首をつかむ姿勢がキツイと感じる場合は、足の甲と土踏まずの辺りをつかんでみましょう。

そして、その姿勢が安定したら、息を吸いながら両足を引き上げて、呼吸を自然の状態にします。

この時、膝を伸ばすように力を入れると、足を持ち上げやすくなります。

その姿勢が安定したら、そこからまた息を吸って、今度は上体を反らせていきます。

あごは上に向けて目線はあごの辺りを見るようにします。

この姿勢が案的したら、自然な呼吸で15秒ほど保ちます。

この時も、保つ秒数と体の反らせて具合いは、無理の無い範囲で行うようにしましょう。

弓のポーズは、背中から太ももまでの筋肉を刺激して、溜まった疲れを解消していきます。

血行も良くなるので、リラックスして眠れるようになります。

こんな記事も読まれています:


スポンサーリンク