背中を伸ばすポーズで、大腸の調子を整える!

 にほんブログ村 その他生活ブログ 断捨離へ

背筋をピンとのばすことが、まずは健康の第一歩。

日常生活では、ついつい背中が丸まりがちになってしまいますが、背中を伸ばすポーズで背筋をピンとのばしてみましょう。

この、背中を伸ばすポーズは、大腸の調子を整える他にも、自律神経失調症の緩和、腰痛の改善、高血圧予防、背中のシェイプアップなどの効果もあります。

やり方は、床に座って、両足を揃えて前に出します。

そして膝を伸ばしたまま手の指で両足の親指を持ちますが、膝を伸ばしたままそれを行うのに無理がある場合は、膝は緩めて軽く曲げた状態でも大丈夫です。

スポンサーリンク

その姿勢が安定したら、背中を丸めて腰を後ろに引くような感じで息を吐きます。

そこから、今度は息を吸いながら腰と背中を伸ばして少し反りぎみの姿勢になります。

顔と目線は上に向けておきます。

そして、息を吐きながらゆっくりと上体を伸ばした足の方へ倒していき顔を足に近づけます。

座った前屈の姿勢ですね。

この時、体か固くて上体を十分に倒せない方は、背筋を伸ばしたまま出来る範囲内で前屈を行います。

背筋を伸ばすことを優先させて、前への傾きは少しでも大丈夫です。

姿勢が安定したら、自然呼吸で15秒ほど保ちます。

やはり、保つ秒数も無理の無い範囲で行いましょう。

こんな記事も読まれています:


スポンサーリンク