足の顔を近づけて、全身の疲労を回復?

 にほんブログ村 その他生活ブログ 断捨離へ

ゆったりとした姿勢で、顔を足に近づけて、全身の疲れを解消してみましょう。

このポーズは、足に顔を近づけるポーズといいます。

やり方は、右膝(左膝)を外側に曲げてかかとは股関節に引き寄せて、左足(右足)は伸ばして横座りの状態になります。

この時、上体が前かがみにならないように注意しましょう。

そして、左手を伸ばした左足の上に置きます。

スポンサーリンク

膝を曲げないまま、手が左足の親指の届くのであれば足の親指を手で持つようにしますが、それがキツイ場合は、足の上の無理のない所に手のひらを置きます。

その姿勢が安定したら、息を吸いながら右腕(左腕)を天井方向へ引き上げ、肘と指先をピンと伸ばします。

そこから、息を吐きながら、伸ばした足の方へ上体を傾けていきます。

手はアーチを描くようにリラックスさせます。

この時、傾きを大きくするよりも、伸ばした足の膝が曲がらないことを優先させます。

この姿勢が安定したら、自然な呼吸で15秒ほど保ちます。

やはり、保つ秒数は無理の無い範囲で行いましょう。

この、足に顔を近づけるポーズは、全身の疲れを解消する他にも、過敏性大腸炎の緩和、腰痛の緩和、骨盤のゆがみの調整などの効果もあります。

無理に頑張らないで、ゆったりとした気持ちで行ってみましょう。

こんな記事も読まれています:


スポンサーリンク