足を上に持ち上げて、むくみの解消!

体の疲れと同じように、足などのむくみも、とても気になるものですよね。

そんなむくみの解消には、鋤のポーズがお勧めです。

やり方は、全身の力を抜いてリラックスした状態で仰向けに寝ます。

腕は体に添わせるように置いて、手のひらを床に付けておきます。

両足は揃え置きます。

リラックスできたらフッと軽くひと息吐きます。

スポンサーリンク

そして、そこから、息を吸いながら揃えた両足を床と垂直な状態になるまで持ち上げます。

腿に力を入れて膝が曲がらないように注意します。

腰も浮かせないようにします。

足が上がったら自然な呼吸にします。

そこから、息を吐きながら、お尻を持ち上げ、つま先を頭の上の床に近づけていきます。

この時、可能であれば、つま先を床に付けますが、それがキツイ場合は足を宙に浮かせた状態でも大丈夫です。

足を宙に浮かせた状態が不安定な場合は、床に置いている手を腰に当てて、腰を支えておきましょう。

この姿勢が安定したら、自然な呼吸で15秒ほど保ちます。

やはり、自然な呼吸で保つ秒数は無理の無い範囲で行うようにします。

足を降ろす時も、不安定に思える場合は、手で腰を支えながら降ろすようにしましょう。

鋤のポーズは、自律神経失調症の緩和や、不眠の改善、高血圧の予防などにも効果があります。

関連記事(一部広告含む):