使った残りを貯金しても貯まらない?

 にほんブログ村 その他生活ブログ 断捨離へ

毎月の収入から必要な分だけ使い、残りは貯金する。

そうすれば無理なく貯金できると思っている人が多いようです。

しかし、それでちゃんと貯金はできていますか?

余った分を貯金にしようとしても、それほど余らなかったり。

つい出費がかさんで、今まで貯めたお金を使ってしまったりもします。

そうして、結果的に貯金ができないという人が多いのです。

それは収入が20万円でも、30万円でも同じです。

人は、その収入に合った生活をしがちです。

スポンサーリンク

つまり、20万円なら20万円なりの、30万円なら30万円なりの、50万円なら50万円なりの生活です。

そのような生活をしていると余らずに、貯金に回す分はなくなります。

最初から貯金に回す分を差し引いて、その残りで生活をする気にならないとダメなのです。

20万円の収入で貯金に2万円充てるのであれば、18万円の生活、30万円で5万円を貯金するのであれば25万円の生活をします。

使った残りを貯金するのではなく、貯金した残りを使うようにするのです。

そうすれば、毎月毎月、貯金ができるはず。

貯金は行き当たりばったりではなく、計画的に行いましょう。

関連記事(一部広告含む):


スポンサーリンク