節約を貯金に繋げるコツ

 にほんブログ村 その他生活ブログ 断捨離へ

家計簿をつけるようになると、どこを削れるのかわかってきたはずです。

お昼に外食していたのをお弁当にしたり、無駄につい買ってしまうお菓子を控えたり、ビールを発泡酒にしてみたり。

そのように少しずつ節約すれば、貯金できる額が増えていきます。

ずっと節約していると『何のためにこんなことをしているんだろう』と少しめげてしまうこともあるかもしれません。

しかし、貯金のためと思えれば、節約するのにも張りが出てきます。

『お昼を200円節約できたから、その分を貯金しよう』

スポンサーリンク

節約した分、貯金が増えていけば喜びも生まれるはずです。

『節約している』と考えずに、『貯金している』と思えば節約も楽しいでしょう。

電気代も節約できます。

寒いときは服を一枚多く着てエアコン代を抑えたり、マメにコンセントを抜いたりすれば、少しでも安くなります。

エアコンなどには電気代が表示されるものもあるので、節約できた額も具体的にわかるでしょう。

数十円でも、貯金に回せます。

また、電気代の契約を変えることで、さらに安くできます。

一人暮らしなどで昼間は家にいなく電気を使うのは夜が多いという人には、時間帯別電灯契約というものがあります。

この契約にすると夜間の電気代が割り引きになるので、グッと節約ができます。

電気代の明細書には前年の同月分の代金も表示されますので、それと見比べていくら節約できたのか確認してみてください。

その分を貯金に回せます。

上手に節約して、貯金を増やしましょう。

関連記事(一部広告含む):


スポンサーリンク