つい使ってしまう人は給与から天引きで貯金

 にほんブログ村 その他生活ブログ 断捨離へ

お金があると、つい使ってしまう人、結構いるかと思います。

なるべく貯めようと思っていても、余計な物などを買ってしまう。

自分の稼いだお金なのだからいいじゃないか、と思っていたら貯金は増えません。

では、お金があるから使ってしまうのであれば、最初からなければいいのではないでしょうか?

銀行では、毎月給与から天引きで貯蓄できる預金があります。

毎月決まった額を給与から引き、預金に回してくれます。

スポンサーリンク

つまり、自分の手元に入ったときには既に天引きされているので、使おうにも使えない、というものなのです。

これならばつい使ってしまう人でも、貯金することができるはずです。

銀行によって名称が違いますが、大体のところで取扱いしています。

定期預金の扱いになるので、金利が通常の預金よりも高くお得にもなります。

さらに、ボーナスの時期には普段よりも額を増やすなどもできるので、より使ってしまう心配もありません。

ただし、最初に無理な額で設定すると、途中で挫折してしまうこともあります。

あるいは繁忙期で残業の多い月と残業がない月で同じ額だけ引かれてしまうと、きつい時期もあるでしょう。

給与が少ない時期でも大丈夫なように、少し余裕を持って設定するようにしてください。

つい使ってしまうという人は、給与から天引きで貯金をしましょう。

関連記事(一部広告含む):


スポンサーリンク