財形貯蓄で給料を天引きして貯金

 にほんブログ村 その他生活ブログ 断捨離へ

財形貯蓄というのを聞いたことがありますか?

財形と呼ばれるこの制度は、勤労者財産形成貯蓄制度というものです。

これは会社が金融機関などと提携をして、月々の給与やボーナスから天引きをし、お金を貯めるシステムです。

会社が行っているのであれば、正社員だけではなく、契約社員やパート社員なども利用することができます。

この財形ですが、『一般財形貯蓄』『財形年金貯蓄』『財形住宅貯蓄』の三種類があります。

スポンサーリンク

財形年金貯蓄と財形住宅貯蓄は、元本550万円までの利子が非課税になっており、お得に貯金が貯まっていきます。

ただし、その貯蓄は年金貯蓄を老後に年金として受給するために、住宅貯蓄は住宅を取得するためにしか、引き出すことができません。

それ以外で引き出すと、課税対象になってしまいます。

また、一般財形貯蓄は銀行などで行える天引きの貯金と変わらず、引き出しに制限はありませんが、非課税の対象にはなりません。

どうせなら非課税の年金貯蓄や住宅貯蓄の方が、お得に貯めることができます。

今、住宅を購入する予定がなくても、とりあえず積み立ててみてはどうでしょうか?

将来的に購入する手助けになるかもしれません。

購入しないのであれば、一般財形貯蓄として利用すればいいのです。

どこの会社でも財形貯蓄制度があるわけではないので、会社に問い合わせてみてください。

財形貯蓄制度があれば、上手に利用して貯蓄をしましょう。

関連記事(一部広告含む):


スポンサーリンク