お金はメリハリをつけて使う

貯金をしていると、お金を節約する癖がついてきます。

何かを買おうとしても『このお金を貯金に回したらもっと貯まるのに』『本当に必要な物なのだろうか?』などと思ってしまうからです。

そのうち、貯金を気にしてあまり物を買えなくなってきてしまうかもしれません。

貯金が目的となって、お金を使えなくなってしまう。

それは良いことでしょうか?

本来、お金は貯めるものではありません。

使うものです。

スポンサーリンク

明日、もし自分が亡くなってしまえば、貯金していても無駄になってしまいます。

もちろん、将来のための貯金は必要なのですが、我慢に我慢を重ねてまで貯金をすることはありません。

無駄使いは良くないですが、ちゃんと欲しいものに対して使うことは、お金の正しい使い道なのです。

本当に欲しい物、使いたい物に対してなら、多少高くても使って構わないでしょう。

そのために貯金をしたっていいのです。

貯金のために我慢をし過ぎると、そのうち嫌になってしまいます。

欲しい物をこんなに我慢してまで、と思ってくるからです。

そう思わないためにも、好きなものにはお金を使いましょう。

そして未来のためにも、貯金もします。

お金を使うのも貯めるのも、メリハリをつけるのです。

関連記事(一部広告含む):