大きな悩み、わきがをプチ整形

ワキガの治療というと、かなり大掛かりなものとなります。

今はレーザー治療もあり、以前よりも施術後が楽になったということですが、以前はわきの下を大きく切開して、その部分のアポクリン汗腺など、ワキガの元になる汗腺を全部取り除く、という施術を行っていたのです。

ワキガというのは、非常に辛いものです。

まず、本人が自覚するまでに時間がかかる、ということがあります。

スポンサーリンク

周りの人も遠慮して、なかなかワキガの人に伝えられないのですよね。

でもワキガだということがわかると、外出することも神経を使うようになるといいます。

そんなときに、プチ整形でワキガの改善が可能といったら?

やりたい!という方は非常に多いのではないでしょうか。

プチ整形の筋肉の収縮を弱めるという効果のあるボツリヌス・トキシン。

この成分によって、ワキガを改善できるというのですから、これは、嬉しいことです。

ワキにボツリヌス・トキシンを注入することで、そのワキの部分の筋肉運動が弱まります。

つまり、アポクリン汗腺から汗がでるような筋肉の動きを軽減できるということです。

ワキガが気になる・・という方は、この方法を検討してみてはいかがでしょうか。

関連記事(一部広告含む):