知っておこうコラーゲン

コラーゲンは細胞と細胞をつなぐのり・・のようなもの、というと、わかりやすいでしょうか。

人間の体、骨や軟骨という部分に多く含まれています。

働きは、老廃物を除去し肌に潤いを与えるというものです。

繊維状のたんぱく質で、爪や髪の毛、骨、血管という人間の体の大切な部分を構成し、細胞と細胞を結びつけるという非常に大切な役割を持っています。

スポンサーリンク

細胞と細胞とくっつけることで、酸素や栄養素、といったものを各細部にいきわたらせます。

つまり、コラーゲンが失われてしまうと、肌のハリや潤いというものも、弾力性も失われてしまうということなのです。

コラーゲンもヒアルロン酸と同様、加齢と共に減少していきます。

これが要因となって、肌にハリがない、水分が足りない、しわができやすい、ということになってしまうのです。

コラーゲンを体に注入することで、皮膚に必要な弾力性をうみだし、しわやたるみなどを軽減させることになるのです。

このコラーゲンの注入も、プチ整形として行われています。アンチエイジング世代には注目の成分なのです。

関連記事(一部広告含む):