笑うと見える歯ぐきの手術

「たらこ唇」と呼ばれるぶあつい唇や、笑うと歯ぐきが見える口もとを気にしているという人も多いものです。

唇にコンプレックスがあり笑えなくなるというのは、精神衛生上よくないものです。手術にたいした時間はかからないようですので、笑顔を取り戻していただきたいです。

・唇をふっくらさせるヒアルロン酸注入

細い針でヒアルロン酸を唇に注入します。

スポンサーリンク

メスを使わないヒアルロン酸を注入する方法は、いずれは体内に吸収されてしまうため永続性はありませんが、短時間で手軽に受けられるというメリットがあります。

・唇を薄くする手術

唇の内側の粘膜をカットし縫合します。

腫れは2~3日でおさまり、1~2週間で自然な状態になります。

・笑うと見える歯茎の修正

上唇と歯肉の間の粘膜を切除し縫合します。

腫れは1週間ほどで引きます。

いずれも手術後の経過には個人差がありますので、ケアにつきましては担当医師にご確認くださいね。

手術後しばらくは、熱いもの・冷たいもの・香辛料などが傷口にしみることがあります。

食事の際にはご注意ください。

関連記事(一部広告含む):