ホクロ・イボを取る手術

たかがホクロと思っていたら、ガンだった・・という例があります。

ホクロのガンと呼ばれる「メラノーマ」は、初期の頃はホクロと見分けがつきませんが、足底や手のひらで初め、ほくろのような茶色~黒色の小さな色素斑ができ、徐々に大きくなり、直径1cm以上になってきます。

さらに進むとその色素斑の中央に盛り上がったしこりができてきます。

ホクロが大きくなってきたら、皮膚科で見てもらうことをおすすめします。

スポンサーリンク

さて、ホクロやイボを取る方法ですが、電気で焼却する方法と切開する方法があります。

比較的小さなホクロに対しては、再発が少なく火傷を起しにくい電気分解法が効果的です。

切開してホクロを取り除く場合は、手術後の経過には個人差がありますので、ケアにつきましては担当医師にご確認ください。

またホクロと同様にイボを取り除くことができます。

小さなものであれば1回の治療で、大きなものでも何度か治療することで、芯ごとイボを除去することができます。

電気で焼却した場合、しばらくは赤みが残りますが、やがてかさぶたになり1~2週間後には自然にはがれます。

1ヶ月ほどで自然な感じになります。

ホクロ・イボの状態によって最適な方法は異なりますので、詳しくはカウンセリング時にお医者さんにご相談くださいね。

関連記事(一部広告含む):