医療レーザー脱毛とは?

ムダ毛の処理はカミソリで剃ったり毛ヌキで抜いたりしますが、肌が弱いとカミソリまけしたり毛ヌキで抜いたあとが炎症を起こしたりします。

脱毛クリームも刺激の強いものが多いので、頻繁に使用すれば肌が荒れる原因にもなりかねません。

脱毛もワキの下だけであればそんなに手間ではありませんし、じっくり見られる部位でもありません。

両足など面積の広い部分が問題です。

スポンサーリンク

以前の脱毛技術は「針脱毛」という痛みをともなうものでしたが、今では脱毛の分野にもレーザーが普及してきています。

この医療レーザー脱毛は痛みのほとんどないもので、照射部位にジェルを塗って、照射時の刺激を和らげることができます。

しかも、短時間ですみます。

レーザーとは、非常に高いエネルギーを持った人工の光です。

このレーザー光を脱毛したい部分に照射すると、毛根にあるメラニン色素に反応して、光が熱に変わりムダ毛を作る部分に熱損傷(毛根・毛乳頭の破壊)を与えるため、他の皮膚組織にはダメージを与えることなく脱毛することができます。

脱毛の時間や料金は、その人の肌質や脱毛したい部位で個人差があります。

最初に医師によるカウンセリングがありますので、医療レーザー脱毛に関する疑問や不安はよく相談されてください。

関連記事(一部広告含む):