アンチエイジングによる効果

「抗酸化」や「デトックス」といった言葉をよく聞きます。

老化原因といわれる活性酸素から体を守る「抗酸化」。

そして、カラダから毒素を排出することを「デトックス」といいます。

この“毒素”というのは、ダイオキシンなどの有害化学物質、水銀や鉛などの有害重金属のことです。

髪の毛を調べると、これらの毒素が検出されるそうです。

スポンサーリンク

アンチエイジングとは、注目されている“若返り法”です。

「抗酸化」や「デトックス」が老化に対抗する上で重要と、アンチエイジングの研究が進んでいます。

アンチエイジングは、エステや化粧品では老いに効果がない、美容整形を受けるには不安があるといった層に支持されています。

加齢とともに気になってくる小ジワやたるみ。

高周波で皮膚に熱を加えると、肌にハリが出る。または、しわができている部分にコラーゲンを注入すると、確実にシワは減ります。

たるみに対しては、皮膚をぐっと引き上げてたるみを解消する、フェイスリフトがとられます。

また、シミに対しては古い角質層を取り除くために、ケミカルピーリングといった治療が施されます。

アンチエイジングは美容だけにとどまらず、病気にならないように健康を維持する医療の現場にも取り入れられています。

顔だけいじっても老化は年々加速しますから、身体全体のケアを考えないと若返りは難しいでしょう。

関連記事(一部広告含む):