最先端のアンチエイジング

PRP皮膚再生療法とは、自分自身の血液を使った再生医療(若返り法)です。

美容整形のような人工的なものではなく、本来人間に備わっている自然治癒力と組織再構築力を増加する働きを持つPRP「多血小板血漿(たけっしょうばんけっしょう)」を自身の血液から分離し、シワやたるみなど気になる患部に注入することで皮膚の再生を促します。

美容整形では安全無害としてコラーゲンやヒアルロン酸が注入されますが、自分自身の血液であれば当然アレルギーや副作用など皆無なわけです。

スポンサーリンク

自分の皮膚を移植するのと同じ発想でしょうか。

とくに、これまでのレーザー治療や注入法などでは難しかった、目の下の細かい「ちりめんジワ」にも効果あるそうです。

ちりめんジワ以外には、首のしわ、ニキビ跡や妊娠線なども消せるそうですよ。

効果は1~2ヶ月くらいかけてゆーっくり現れてくるため、変化も自然で見た目の違和感がありません。

周囲の人に、「ひょっとして、整形に行った?!」などと突っ込まれることもないわけです。

実際の効果より、若返った気分が大事なんだと思います。

気力がアップすれば免疫力が上がりますから、それは健康を維持することにつながります。

長寿社会ですから、今後ますますアンチエイジングに寄せられる期待は大きくなってゆくでしょう。

関連記事(一部広告含む):