美容外科でキレイになる人、なれない人

美容外科でキレイになる人なれない人―知っておきたい、効果とリスク

大森 喜太郎/著 芳賀書店(2002年7月/発行)

第1章:美容外科について知っておきたいこと~美容外科を受診する前の心構え

第2章:美しく変える手術~まぶた、鼻、フェイスライン、バストを整える

第3章:アンチエイジング的な美容外科~加齢現象を修正し、若返りを図る

第4章:シワやアザを消すレーザー治療~古い肌を削ってターンオーバーをうながす

スポンサーリンク

第5章:スキンケア~スキンケアの効果的な方法とピーリング

第6章:ランチタイム美容外科~コラーゲン・ボトックスの注入や脂肪注入など

著者の大森先生は、1968年東京慈恵会医科大学卒業。1970~71年ニュージーランドミドルモア病院形成外科。

1972年コーネル大学形成外科留学。

1974年東京警察病院形成外科。1976年ニューヨーク大学留学。

1977年フランスNancy大学病院招待留学。

現在は、東京警察病院形成外科部長をされています。

本書では、形成外科・美容外科医の立場から、美容外科に興味をもっている方々が、ご自身の希望を的確に表現できるように、代表的な美容外科手術の考え方や効果、リスクについて解説しています。

美容外科手術の効果とリスクは、当然知っておくべきでしょう。

関連記事(一部広告含む):