整形トラブルを防ぐために

「どこの病院にしよう?」「どんな美容法がいいの?」と、美容整形の情報があふれていて、悩んでしまいますね。

美容整形の手術・治療は、美容外科、美容皮膚科、大学病院などで行われます。

日本には現在、「日本美容科学会」という同名の団体が2つ存在し、美容外科の看板をあげている医師はほぼいずれかの学会に所属しています。

一方は、開業医を中心とする日本美容科学学会(JSAS)、もう1つは日本形成外科学会会員を主体とする日本美容外科学会(JSAPS)です。

スポンサーリンク

両者の主義主張は異なり、それぞれ独自の認定医療施設制度を設けるなど、美容整形手術を希望する人たちにとって混乱の原因となっています。

美容整形の手術・治療先を選ぶ際のポイントですが、

1.美容整形の専門医院を選ぶこと。

2.施術例が豊富で、経験豊かな専門医を備えた機関を選ぶこと。

3.医師、スタッフとの相性を大切に、コミュニケーションの取りやすい専門医を選ぶこと。

4.きちんとしたカウンセリングを行い、アフターケアの充実、もし何らかのトラブルがあったときの対応についても確認しておくこと。

5.必要ならばセカンドオピニオンを求める。

主治医を信頼することは大切ですが、多くの情報を入手して多角的にとらえることで、自分に最も適切な施術法を見つけることができます。

主治医以外の意見を聞くことで、不安が解消されることもあります。

そもそも情報をきちんと公開していることが、安心できる機関、医師であるかの大きな目安となります。

関連記事(一部広告含む):