ケミカルピーリングとは?

ピーリング石けん、ピーリング化粧品などが多数市販され、評判になったピーリング。

このケミカルピーリングとはどういったものなのでしょう?

ケミカルピーリングとは、AHA(アルファヒドロキシ酸)やTCA(トリクロール酢酸)など皮膚に刺激を与える薬剤を使って、角質や表皮、さらには真皮までをも化学的に溶かし、新しい皮膚の再生を促すことによって、病変を治療したり、より健康で美しい皮膚を取り戻そうとする治療法です。

スポンサーリンク

アルファヒドロキシ酸やトリクロール酢酸以外にも、フェノール、ジェスナーズ液やサリチル酸なども使われます。

ニキビ、肌のクスミ、肌荒れ、乾燥した皮膚、老化した皮膚、小ジワ、薄い色素沈着などの症状に効果があるといわれています。

ピーリングを受ける際には、施術前のスキンケアや施術後のアフターケアがたいへん重要です。

角質や表皮を剥がすことになりますから、表皮が持つ本来のバリア機能や水分保持機能が失われます。

それに対する適切な対処が必要になります。

お肌の強い人ならともかく、乾燥肌や敏感肌の人が刺激の強いケミカルピーリングを行うには注意が必要です。

アフターケアの丁寧な病院選びが必要です。

関連記事(一部広告含む):