簡単節約術!マメにコンセントを抜いて節約

一番よく聞く節約術は、『コンセントを抜く』というものではないでしょうか。

電化製品は、電源を切っていてもコンセントが差してあれば、待機電力を消費しています。

テレビはリモコンの電源ボタンを押せばすぐ点きますよね?

HDDレコーダーや、エアコンも同様です。

それが待機している状態なのです。

一般的に、待機電力は電気代の10%を占めていると言います。

月の電気代は、平均で8000円程度。

つまり、800円が待機電力の電気代なのです。

スポンサーリンク

常時使うわけではないもの、季節によって使わないもの、そういったものもコンセントが繋がっていれば待機電力を消費しています。

コンセント周りを見てみてください。

余計なものが繋がっていたりしませんか?

しばらく使わないようなら、抜いておきましょう。

使うときに入れればいいのです。

いちいち抜き差しが面倒なら、スイッチで切ることのできるコンセントもあります。

テレビやエアコン、パソコン、炊飯器など、使わないときはちゃんと切るようにします。

使うときだけオンにして、こまめに待機電力をオフにしましょう。

ただし、中には主電源をオフにすると、時間や設定がリセットされてしまうものもあります。

いちいち設定し直すのも大変なので、注意してください。

上手く切ることで、待機電力は相当カットできます。

電気代10%カットを目標にしてみましょう。

関連記事(一部広告含む):