簡単節約術!冷蔵庫の節約

家電製品の中で、最も電気代がかかるのは、冷蔵庫です。

季節によってはエアコンが上回る月もありますが、冷蔵庫はコンスタントに消費します。

オンオフの切り替えをするものではなく、一年中365日稼働しているので、電気代もばかになりません。

ここ数年で最も進化した家電は、冷蔵庫かもしれません。

電気消費量が10年前のものに比べて半分から1/3になっているのです。

古いものを使っているのであれば、買い替えるのがもっとも手っ取り早い節約になります。

購入を検討してみましょう。

スポンサーリンク

それだけで年間1万円も節約できる場合もあるのです。

そして使い方です。

冷蔵庫の中身が詰まっていると、上手に冷やすことができません。

もし容量が足りないのなら、大きなものに買い替えるのもいいでしょう。

その方が効率良く冷やせます。

また、冷蔵庫は開閉するだけで電気代がかかります。

中身を把握しておいて、無駄に開閉しないのも節約術の一つです。

開閉しても冷気が出て行かないように、中にビニールのカーテンをかけるのもいいでしょう。

温かいものを冷やすときは、必ず冷ましてから冷蔵庫に入れるようにします。

開けると点く、中の電球。

これも不要なら取ってしまいます。

大体が台所の灯りで見られますから。

中の温度調整も大事です。

買ってから設定を何も変えていないという人もいるかもしれませんが、冷やし過ぎないようにすれば電気消費量も少なく済みます。

特に冬は外気が冷たいので、そこまで冷やさなくても大丈夫です。

強弱も季節によって変えるようにしましょう。

これらの節約術で、電気代が1/3程度カットできることもあります。

冷蔵庫の電気消費量は大きいので、まずこれらで節約するようにしてください。

関連記事(一部広告含む):