簡単節約術!夜は寝て、朝に起きる

照明も電気代がかかるものです。

最近ではLED電球が増えてきました。

これは前の白熱電球と比べると、電気代が実に8割もカットできます。

しかも寿命も25倍です。

確かに値段は少ししますが、それでも長い目で見ればお得なLED電球。

替えてみてもいいでしょう。

ちなみに、LEDでなくても電球型蛍光灯も消費電力はLEDと同等です。

寿命はLEDの1/4程度なのですが、電球型蛍光灯を使用しているのであれば、無理に替えることはありません。

スポンサーリンク

寿命が来てから替えればいいのです。

また、カバーや器具も汚れてしまえば明るさが低下してしまいます。

マメに掃除するようにしましょう。

蛍光灯はインバータ式の方が、通常のグロースターター式のものよりも20%ほど節約できます。

そして当然ですが、電灯はマメに消すようにしてください。

点けっ放しにしたり、無駄に多く点けておかないように気を付けましょう。

外が明るいときはカーテンを開けて、明りを取り入れます。

昼間はなるべく照明を使わないようにします。

夜は照明が必要になってきてしまいますが、使わないためにも、夜更かしはなるべく控えて寝るようにしましょう。

そして、明るくなったら起きるのです。

そうすれば電気代も節約でき、規則正しい生活が送れるようになります。

まさに一石二鳥の節約術です。

関連記事(一部広告含む):