簡単節約術!お風呂を上手く使った節約術

毎日入るお風呂。

水道代、ガス代などがかかりますが、工夫次第で節約もできます。

節約のためには、まずはシャワーをマメに止める、あまり使わないことです。

体を洗っているときなど流しっぱなしにしてしまいがちですが、これが無駄です。

使うときだけ出し、こまめに止めましょう。

さらにシャワーをなるべく使わずに湯船のお湯で流せば、より効果的です。

スポンサーリンク

また、4人以上の家族なら湯船にお湯を溜めた方が経済的なのですが、3人以下だとシャワーの方がお得です。

夏など、時期によってはなるべくシャワーだけにしましょう。

湯船の残り湯も、いろいろと使えます。

洗濯や掃除、洗車などに使えば、水道代の節約になります。

お湯を溜める際、止めるのを忘れて溢れさせてしまうことや、多く入れてしまうことがあります。

これはもったいないので、タイマーなどを使って無駄にしないようにしましょう。

追い炊きはガス代がかかります。

できれば家族で時間を合わせて、続けて入り、追い炊きをしないようにします。

時間が空いてしまうようなら、湯船に蓋をして冷めないようにしてください。

湯船のお湯は、毎日入れ替えずに溜めておいて次の日に追い炊きした方が、経済的には多少節約になります。

ですが、次の日も使うと雑菌が繁殖してしまいます。

節約をとるか、綺麗なお湯をとるか、各自で判断してください。

毎日使う水道代、ガス代なので、上手に節約しましょう。

関連記事(一部広告含む):