簡単節約術!回数券を上手に使って電車賃を節約する

最近ではSuicaなどのICカードが普及しているせいか、切符を購入して電車に乗る人が随分と減りました。

確かにSuicaは便利です。

チャージしておけば自動改札機にかざすだけで電車に乗れるのですから。

しかも、ICカードと切符とで値段が違う区域があり、山手線内など多くのところでICカードの方が運賃が安くなるのです。

そう聞くとICカードの方が安く感じられるでしょう。

しかし、ICカードよりもお得な切符があるのです。

スポンサーリンク

それは、回数券です。

回数券は、鉄道会社によって変わってくるのですが、基本的には10枚分の値段で11枚購入することができます。

つまり、1割安くなるということです。

JRは基本的にはこの回数券しかありません。

ICカードは通常の切符より安くても5円程なので、回数券の方がお得です。

私鉄などでは、さらにお得な時差回数券や土日回数券などもあります。

これは10枚分の値段で、12枚、13枚買えたりします。

混雑する時間帯には使用不可だったり、土日しか使用できなかったりと制約はありますが、そのタイミングで使う人には非常にお得です。

ただし、乗り越してしまうと運賃の差額ではなく、回数券の最終地点から降りたところまでの運賃を支払わなくてはならず、損してしまうこともあるので注意してください。

また、使用期限も主に3か月なので、期限内に使い切らないといけません。

回数券は複数人で使用しても構いませんので、家族や友人たちと使うこともできます。

決まった区間を複数回行き来するようなら、回数券を使って節約するのです。

関連記事(一部広告含む):