簡単節約術!映画も各種割引を利用して節約する

映画の通常料金は、一般が1800円、大学生・高校生が1500円、中学生以下が1000円になります。

決して安いものではありません。

300円でレンタルビデオが借りられるのですから。

3Dなら、さらに数百円、高くなってしまいます。

映画館で大きなスクリーンと良い音で好きな映画を観たいのだけれど、料金がネックになってなかなか行く気にならない、という人も多いでしょう。

しかし、映画館には料金が安くなるサービスが多くあるのです。

それを利用すれば、もっとお得に映画を観られます。

スポンサーリンク

まず、映画の日です。

映画の日は本来は12月1日だけでしたが、東京など多くの映画館では毎月1日が映画の日とされています。

この日は映画が1100円で観られます。

地方によって、日にちが違うところもありますので、自分の住む地域を調べてみてください。

毎週水曜日がレディースデーに設定されているところも多くあります。

この日は女性なら1100円で映画が観られます。

また、夫婦どちらかが50歳以上なら二人で2200円という、夫婦50割引もあります。

映画館によっては毎月○○日は1100円という独自のサービスデーもあるので、上手に活用しましょう。

シネコンなら、系列によって決まってくるようです。

サービスデーではなくても、映画は前売り券は1300~1500円程なので、当日券よりも安く観ることができます。

公開が始まってしまうと前売り券は購入しづらくなりますので、観たい映画は予め前売り券を買っておきましょう。

他にも夜の20時以降に始まる映画はレイトショー料金、平日の初回はファーストショー料金として安く観られることもあります。

会員になれば会員料金で観られたり、5回観ると1回無料などのサービスもあるので、よく行くようならお得になります。

映画によって高校生1000円などの特別割引もあるので、どうしたらお得か、調べてから映画館に行きましょう。

サービスを利用すれば、映画代も節約でき、もっと気軽に映画を楽しめるのです。

関連記事(一部広告含む):