簡単節約術!結婚式は日取りで節約する

結婚式は一生のうちの大きなイベントの一つです。

かかるお金は、平均で350万円にもなります。

ご祝儀で少しは返ってきたり、ご両親に援助してもらえたりするとは言え、それでも100万円以上は用意しなくてはなりません。

なかなかな額になってしまいます。

しかし、結婚式には安くなる日取りがあり、そこを狙えば大きな節約ができるのです。

よく言われることですが、仏滅は式場代が割引になるところが多くあります。

半額ぐらいまで下がるところもあるので、自分も含めて親戚なども気にしないようなら、仏滅でもいいかもしれません。

スポンサーリンク

他に式を挙げている人もあまりいないので、静かで落ち着いた式が挙げられます。

式まで3か月以内など、期間が短い場合も安くなります。

授かり婚のカップルには、ちょうどいいでしょう。

真夏や真冬もオフシーズンなので、他の時期よりも安くできます。

ただし、真夏の式は暑くて大変なので覚悟しておいてください。

年末年始やお盆の時期も、比較的安くなっています。

予定がある人が多いので、敬遠されがちだからです。

招待する人々が構わないなら、その時期でもいいでしょう。

どうしても土日が人気なので、平日も安く済ませられます。

仏滅、平日、オフシーズンなど、安く済むからと言っても、大事なのは招待客の方々の都合です。

無理な日程を組むと後々まで言われますので、注意してください。

式場選びは日程次第で大きく節約できますので、慎重に決めましょう。

関連記事(一部広告含む):