簡単節約術!結婚式も細かく節約すれば大きな額の節約になる

お花代、食事代、飲み物代、引き出物代、結婚式は一々お金がかかります。

しかし、それをケチってしまうとみすぼらしい式になってしまいます。

列席者もシラケてしまうかもしれません。

そうならないためには、ケチらずに節約するのです。

一番大事なのは、自分たちでできることは自分たちでやる、ということです。

まず、招待状や席次表です。

家にパソコンとプリンターがあれば、自分で作れます。

招待客の人数が多ければ、それだけで業者に頼むより数万円も節約できます。

スポンサーリンク

ウェルカムボードも、工夫すれば素敵なのが作れます。

意外と高くつくのがお花です。

ブーケはもちろん、新郎新婦のメインテーブル、各テーブルなどで生花が飾られるので、それなりの額になってくるのです。

生花の中に造花を入れたり、他の装飾品などを混ぜることで、生花代は節約できます。

式内で流す音楽の編集や、写真のスライドショーも、パソコンがあれば簡単にできるので、自分でやってみましょう。

業者に頼めば、それなりの額になってしまいますから。

司会者やカメラマンは、招待客や友人にできる人がいれば頼んでもいいでしょう。

ただし、ある程度場馴れしている人でないと悲惨なことになってしまうので、無理に頼むのはやめておきます。

ドレスは、多くの式場ではプランに組み込まれています。

それでも、母親が着ていたものなどがあれば節約にもなりますので、持ち込んでもいいかもしれません。

ドレスのインナーなどは、着るのは結婚式の一度きりです。

ヤフオクなどにも出品されているので、そこで安く済ませてもいいでしょう。

カラオケや楽器演奏は、アンプを使うだけで費用が発生してしまいます。

アコースティックで演奏してもらったり、友人でギターをやっている人がいればカラオケの伴奏をしてもらうのも節約になります。

引き出物も、手作りのものなどを混ぜるのもアリです。

手作りのものや、外部のカメラマンを呼ぶのがNGだったり、費用がかかってしまったりする式場もあります。

やる前に確認してください。

結婚式も細かく節約すれば、大きな額の節約になるのです。

関連記事(一部広告含む):