シミのレーザー治療

シミのレーザー治療とは、レーザー光線を使ってシミのある皮膚組織を焼いて削り取ってしまう方法です。

その種類はいくつかあります

■ルビーレーザー

強いレーザーを当てることで、メラニン色素を破壊する方法です。

治療後は軽いやけどをしたような状態になります。

一時的にシミが濃くなったように見えますが、心配はいりません。

スポンサーリンク

1~2週間たつと、レーザーで破壊されたメラニン色素が皮膚の表面に出来て、その色素は垢のように剥がれ落ちます。

そしてその下からは、きれいな肌が現われます。

■YAG(ヤグ)レーザー

患部に集中して照射できるため、治療回数が少なくて済むというメリットがあります。

きれいになる仕組みは、ルビーレーザーと同じです。

■炭酸ガスレーザー治療

ホクロやイボに効果のあるレーザーです。

レーザーによってホクロやイボの組織を蒸発させることで取り除く仕組みです。

ただし、ホクロの原因となる細胞が皮膚の奥に残っている場合は、また出てくる場合があります。

レーザー治療が効果を発揮するのは老人性のシミや肌深部のシミ、手の甲のシミなどです。

また、肝斑のレーザーでの治療は難しいようです。

費用はシミの種類や使用するレーザーによって変わります。

病院によっても違いがあるので、治療を受ける場合にはよく調べることをお勧めします。

関連記事(一部広告含む):