日焼け対策のための「色」選び

シミ予防には欠かせない日焼け対策。

今回は、日焼けを防ぐための「色」の選び方についてのお話です。

夏であれば、さわやかに白やパステル系の服を着たいところですが、このような色は紫外線を通しやすい特徴があります。

そのため、白いシャツなどは長袖であっても日焼けしてしまう可能性があります。

また、紫外線を跳ね返す特徴もあるため、白い服を着ると顔や手に紫外線が反射して焼けてしまいます。

スポンサーリンク

一方で黒や紺などの濃い色は、紫外線を通しません。

したがって、日焼けを防ぐためには、黒や濃い色の服が適しています。

特に、水の反射があって焼けやすい海やプールでは、黒っぽいバスタオルを用意しましょう。

ビーチやプールサイドにいるときには頭からすっぽり被ってしまうと紫外線を防げます。

色だけでなく生地の素材によっても違いが出ます。

厚手で目の詰まったものほど紫外線予防効果は高いそうです。

とはいえ、夏に黒くて目の詰まった服を着ていたら、自分自身も、そして見た目にも暑苦しいですよね。

最近では、UVカット加工を施した衣類もたくさん出ているので、そういったものも活用してください。

また、日傘や上に着るものに濃い色を選んだら、ボトムは明るい色にすると暗い印象にならずに済みますよ。

関連記事(一部広告含む):