温冷浴でシミを消す

できてしまったシミを消すには、新陳代謝を活発にすることが重要です。

そのための方法として、「温冷浴」をご紹介します。

1.半身浴をする

湯船に胃の辺りまで入り、ゆっくりと腹式呼吸をする(汗が出てくるまで)→ 肩までお湯に浸かる(1分程度)

以上を3回繰り返します。

スポンサーリンク

ちなみに、腕は上半身です。

半身浴の時にはお湯から出しておくようにしてください。

また、前屈みになると脳貧血を起こす可能性があるので、体を反らしぎみにすると良いでしょう。

2.温冷浴の準備

洗面器にオイル(オリーブ油やスクワランなど)を数滴落とし、全身にかけます。

これによって体が温まりやすくなって発汗を促進すると同時に、水の冷たさを感じにくくする効果があります。

3.お湯に入る

温度は少し熱めにします。

目安は「少し我慢すれば入れるくらい」だいたい40℃くらいかと思いますが、各自の適温を見つけてください。

4.冷水シャワーを浴びる

体が十分に温まったら、冷たいシャワーを浴びます。

以上を3~6回繰り返します。

温冷浴の効果は、単に皮膚の刺激や血行を良くすることだけではありません。

皮膚を刺激することによって脳が刺激され、新陳代謝効果がさらに高まるといわれています。

また、体を本来人間が持っている弱アルカリ性に戻す効果があり、体の中からきれいになることが期待できます。

関連記事(一部広告含む):