女性ホルモンとシミの関係

シミは、日焼けのような外的要因だけでなく、女性ホルモンの影響によってできる場合もあります。

最近よく名前を聞く「肝斑」というシミは、女性ホルモンの一つである「黄体ホルモンの影響でできると言われています。

黄体ホルモンには、メラニン色素を増やす働きがあります。

したがって、このホルモンが活発になっている時にはシミができやすくなります。

具体的にはどのような時でしょうか?

スポンサーリンク

・月経前の2週間

・妊娠中

・経口避妊薬の服用中

黄体ホルモンの本来の働きは、妊娠や出産のための体の環境を整えることです。

したがって、以上の時には働きが活発になっています。

女性ホルモンは、ストレスの影響で乱れやすくなります。

したがって、不規則な生活や睡眠不足などは良くありません。

生活リズムを整え、リラックスする時間をもつなど、ストレスをためない生活を心がけてください。

関連記事(一部広告含む):